ホーム プロフィール 最新ニュース 連載情報 作品リスト 人気投票


検索
【コミック試し読み】
受賞歴
コミックス売れ筋順位
近刊紹介


『ステキな奥さん あはっ 2』

2017/7/20
朝日新聞のコラム単行本化第2弾!
>>詳細はこちら


『おかあさんの扉6 ピッカピカです六歳児』

2017/2/2
ムスメちゃんもついに小学一年生に!
>>詳細はこちら


『おいピータン‼ 16』

2016/2/10
安定のほんわかオムニバス。恋と食のストーリー。
>>詳細はこちら


『おんなの窓 そうなの独身、まさかの結婚篇』

2016/2/10
おんなの窓1~2巻を収録した文庫が登場。
>>詳細はこちら


『おかあさんの扉5 なにそれ! ?五歳児』 』

2016/2/2
大人気の育児漫画!家族に猫も加わって新たな展開も。
>>詳細はこちら

伊藤理佐をもっと楽しもう
Link
アニメ化作品
『ヒゲぴよ』
09年からNHK教育テレビで放送。男気あふれるオヤジのようででも可愛く愛嬌満点キモカワキャラのヒゲぴよと、小学生ひろしのほのぼのギャグストーリー。
エッチなし!でお子様も安心♪




『おるちゅばんエビちゅ』
伊藤先生のエロ漫画豪邸を建てた作品との噂もある超代表作。三石琴乃が演じるエビちゅはかなり話題に。ただのハムスター漫画ではありません!
放送禁止用語バンバンなので、お子様はご注意♪



ツイッターでも伊藤理佐先生の情報発信中
伊藤理佐応援団のTwitterアカウント 伊藤理佐応援団 @ItorisaOuendan
イベント : 2016年7-8月韓国ソウル「おるちゅばんエビちゅ」期間限定店
on 2016-8-12 1:10:00 (2044 reads)

世紀末のハルマゲドンと評された(個人的見解です)、あの『おるちゅばんエビちゅ』の期間限定店が、韓国ソウルに登場したというニュースが!どうやら若い女性を中心に、かわいい!と人気のもよう。管理人にとって今年一番驚いたニュースです!

ちょっと頭が混乱ぎみですが・・・まずは伊藤理佐先生の代表作であるエビちゅの紹介から。


◆『おるちゅばんエビちゅ』作品紹介

1990年に女性誌Shanで連載開始、その後アクションピザッツにて連載、2007年連載終了。ボディコンワンレンのOL(ごしゅじんちゃま)のペットのハムスターが主人公。ごしゅじんちゃまやその彼氏(かいしょなち)、友達、大家さん、ご近所さん等個性的なキャラクターが登場し、Hしまくり、下ネタ連発しまくりの4コマギャグ漫画です。因みにエビちゅはメスです!

1995年放送のアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』では葛城ミサトが愛飲するビールのパッケージにも(こっそり)使われてました。

1999年にGAINAXが「アニメ愛のあわあわアワー」としてアニメ化しCSで放送。DVDも発売。

日本のグッズ展開は主に1997年~2000年頃まで。UFOキャッチャーグッズ、スクリーンセーバー等のPCソフトが発売されました。


◆韓国ソウルの期間限定店



場  所:ロッテ百貨店ヤングプラザ1階(123 Namdaemunno 2-ga,Jung-gu)
期  間:2016/7/26~8/18 ※当初は8/4までだったが盛況により期間延長
営業時間:11時30分~21時30分
訪問客数:オープンから10日間の累積訪問客数は1万人突破、1日平均訪問客数1,000人以上(カンナム経済新聞より)

ロッテヤングプラザは、無印良品やユニクロ等が入った若者向けファッションビルみたいです。公式サイトを見ると、地下1階のイベントスペースに色んな期間限定店が出ているようです。ポケモンストアとかもやってたもよう。



エビちゅの期間限定店の入り口には、大きなエビちゅの人形があって、記念撮影している人の写真もSNSにあがっています。写真はほぼ若い女性があげているようで、エビちゅ風のネイルもあったり・・・。エビちゅって本当に人気なのか!

ニュース記事によると、期間限定店はグッズの販売が中心のようで、クリアファイル(1,000ウォン)、ボールペン(3,500ウォン)、ポストイット(3,500ウォン)、デコステッカー(5,000ウォン)、クッション(2万9,000ウォン)、ぬいぐるみ(3万4,000ウォン~)などが人気とのこと。



ネット検索した写真を見ると、壁掛け時計、タンブラー、プラスチック製ドリンク容器?、スマホケース、シール、うちわもありました。福袋ならぬ、福箱の販売もあって行列が出来ていたという情報も。

エビちゅの顔が描いてあるマカロンの写真もあるんですが、これはコラボスイーツ??

グッズの絵柄はまんまアニメなので、原作ではなくアニメ作品のグッズ化という感じなのでしょうか?見たところうぃんうぃん持っている絵柄はないので(笑)、Hギャグありきで人気というわけではなさそう…?あ、でもエビちゅマンの絵柄はありますね。

↓以下のニュース記事によると…
--------------------
同店を運営するゴーグルプラネット代表のチェ・ボムクさんは「今回のポップストアを通じて、エビちゅに対する高い関心と事業性を確認することができた」とし、「今後も多様はイベントを企画し、ライセンス事業の拡張を通じ、エビちゅが大衆により愛されるキャラクターになるよう育てていきたい」と意気込む。
--------------------
ゴーグルプラネットという会社がライセンスを買って運営しているのでしょうか?


◆韓国でのエビちゅ人気



言葉が読めないので実情はわかりませんが、アニメのエビちゅ画像(スクリーンショット)が韓国SNSで人気となっているらしい…です。

韓国のWiki的なものをグーグル翻訳してみたところ、日本原作の成人向け漫画と紹介されています。

https://namu.wiki/w/집%20보는%20에비츄

↑上記韓国Wiki的サイトによると
--------------------
2013下半期からはアニメのスクリーンショットがインターネットチァルバングや各種SNSのプロフィール写真などで広く使われている。 主にかわいいものが好きな女性がよく上げ共有する方なのに、19金アニメのキャラクターということを知らない人が多く、検索して出てくる情報を見て同心円破壊をされたり...とカカオトーク絵文字に発売された。 [6]そしてポータルサイトウェプトゥンにも出始めた。 #しかし、この作品は成人観覧可表示がついていないので、この作品を正しく知っているかと思われる読者が多かった
--------------------
グーグル翻訳なのであれですが(汗)
どうやらSNSのプロフ写真とかに使ってる女性が多いけど、原作はしらないままの人が多数のもよう。
関係ないけどグーグル翻訳の「同心円破壊」という言葉が相当な衝撃。

これ見ると、エビちゅのCVに韓国人の名前がありますね。吹き替えをしている人がいるのだろうか?

http://ebichu.co.kr/
上記のエビちゅの韓国公式サイトっぽいところの紹介をグーグル翻訳すると…
--------------------
伊藤リサ原作の漫画、1990年から主婦のライフサイクル雑誌の「ギガ/ Shan」を使用して連載された後、クレヨンしんちゃん」、「オールドボーイ」、「ゴルゴ13」、「ルパン三世」で有名な出版社である双葉社(双葉社)の「アクションピザ津」に移し、2007年9月号まで連載されており、韓国では「エビチュー - 成人ハム太郎」というタイトルに入ってきました。
原作をもとに、1999年エヴァンゲリオンアニメ制作で有名なガイナックス(GAINAX)とエヴァンゲリオンの監督として有名な「庵野秀明監督が企画して、アニメーションに作られました。アニメーションのタイトルは、「おるちゅばんエビちゅ(Oruchuban ebichu、家見るハムスターエビチュー) "であり、エビチューンの声優は「新世紀エヴァンゲリオン」の葛城ミサトと「美少女戦士セーラームーン」月野場合の時期、ちびちびなどを延期した「三石琴乃」声優です。
アニメーションのために人気はますます高まり、韓国ではScreenshot画像(別名「チァルバング」)の形で広がって人気キャラクターへと成長しました
--------------------

「エビチュー - 成人ハム太郎」というタイトル??本当なんでしょうか。ハム太郎も人気だったということですかね。


◆関連サイト

ロッテヤングプラザの紹介(日本語)
http://www.seoulnavi.com/shop/1586/

カンナム経済新聞のニュース記事(日本語)
http://gangnam.keizai.biz/headline/612/

Yahoo!ニュース(みんなの経済新聞ネットワーク)ニュース記事(日本語)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160808-00000031-minkei-kr

imgrum にアップされたエビちゅの画像、若い女性がグッズを買っている様子!?
http://www.imgrum.net/tag/%EC%97%90%EB%B9%84%EC%B8%84

エビちゅの韓国サイト??(正規かどうか確認はしてません)限定店で売っているグッズがこのサイトでも売ってます
http://ebichu.co.kr/


◆伊藤理佐先生のエビちゅ漫画!


■『ぱあふぇくと版 おるちゅばんエビちゅ』Kindle版読み放題の情報はこちら




■アニメDVD おるちゅばんエビちゅが収録された『アニメ愛のあわあわアワー』の情報はこちら




↓日本のグッズ紹介はこちら
http://itorisa.com/web/modules/news/article.php?storyid=220
http://itorisa.com/web/modules/news/article.php?storyid=221


Copyright © 2010 by Ito Risa Ouendan  |  Powered by XOOPS @ 2001-2010 The XOOPS Project  |  Design by 7dana.com